• TOP
  • MY HAIR BLOG
  • 毎日できる薄毛予防!正しいシャンプーとマッサージを学ぼう

毎日できる薄毛予防!正しいシャンプーとマッサージを学ぼう

毎日できる薄毛予防!正しいシャンプーとマッサージを学ぼう

寒くなって、お風呂が恋しい季節になりました。温かい浴槽に浸かっていると、ついつい長風呂になってしまいますよね。

さて、お風呂の中でできるヘアケアに、シャンプーと頭皮マッサージがあります。今回は毎日のシャンプーや、ちょっとだけ髪をいたわるだけで出来る薄毛予防をご紹介します。

正しい髪の洗い方について

シャンプーはフケや皮脂といった汚れを落とす効果があります。フケや皮脂が溜まると毛穴を塞ぎ、毛髪の成長が緩漫になってしまいます。

正しく髪を洗って、ヘアケアを行いましょう。

1. シャワーで汚れを落とす

シャンプーを使う前に、シャワーを頭皮に当てて皮脂を落としましょう。1分ほどシャワーでお湯を当てるだけで、汚れの多くを落とすことができます。

shower02

2. シャンプーを手で泡立てる

シャンプーを適量手にとって、手のひらで泡立ててください。髪で擦って泡立てると傷む原因になってしまいます。

handwash

ワンポイントアドバイス!: シャンプーを選ぶ際はシリコンが入っていないものを選んでください。シリコンは毛穴を塞ぐので、ダメージを受けてしまいます。

3. 頭皮を寄せるようにもみ洗いする

泡で頭皮をもみ洗いするように、指の腹で頭皮を寄せるように押してください。力一杯ゴシゴシしたり、かゆいからといって爪を立てて洗うと頭皮や髪を傷つける原因となります。髪が短ければ頭皮の揉み洗いだけで十分なので、シャンプーを洗い流しましょう。

postimg03

ワンポイントアドバイス!:指の間を2〜3cmほど開けて揉むように洗うと、毛穴に詰まった皮脂や汚れを効率良く落とせます。

4. 毛先に向かって泡を滑らせる

頭皮を洗ったら、毛先に移ります。頭皮を洗った泡を指につけ、根本から毛先に向かって指を滑らせてください。ゴシゴシと頭頂部から毛先にかけて洗ってしまうことも多いですが、頭皮や髪に負担がかかってしまうので、気をつけましょう。

postimg04

ワンポイントアドバイス!:髪に指を滑らせる工程は1箇所につき3回程度行えば十分に泡が行き届き、綺麗になります。

5. シャンプーはしっかりと流す

頭皮や毛先についたシャンプーを、シャワーでしっかり洗い流しましょう。洗い残してしまうとダメージのもとになります。

shower02

6. すぐに乾かす

濡れている髪は傷みやすく、自然乾燥も頭皮によくありません。水分をタオルである程度拭き取ってからドライヤーを使って素早く乾かしましょう。

dryer02

頭皮マッサージについて

1本の髪は1日で0.3mm〜0.4mmほど成長します。1本1本の成長は微々たるものですが、人の髪は約10万本あると言われていますので、全体で30メートル成長していることになります。これだけの成長を支えるに重要な要素が2つあります。1つは十分な栄養です。栄養が偏っていたり、不足していたりすると十分な成長ができません。

もう1つは良好な血行です。血行状態が悪いと、頭皮や髪に栄養が巡りません。

頭皮マッサージを行うメリットは、血行を良くして栄養を届きやすくすることと、適度な刺激を与えると髪の成長が促進することの2点があげられます。

頭皮マッサージの方法は非常に簡単でシャンプーの後、頭頂部と側頭部にそれぞれ行います。

頭頂部

頭の鉢のあたりに指を置き、そこから中央に向けて指を動かしていきます。頭頂に指が辿り着いたら鉢に戻し、左右に場所を移して同じことを7回ほど繰り返してください。

側頭部

耳の上のあたりの頭皮に指を置き、頭皮全体を回すように指を動かしていきます。7回ほど指を動かした後、少し指の場所を移しながら後頭部にたどり着くまで続けてください。

最後に

毎日5分程度でできるヘアケア、いかがだったでしょうか。

髪をゴシゴシ洗っていたり、自然乾燥に任せている方はぜひ試してみてください!

CAMPAIGN

マイヘアソリューション

  • デザインカット&スタイリング:自分の髪を活かしてカッコよさを実感
  • スカルプケア&スカルプクレンジング:ヘッドスパ感覚で気軽に頭皮ケア・洗浄
  • ヘアライズ(R):もう少し髪のボリュームが欲しい
  • 気になるところに、増やしたいだけプラス!
  • TIスカルプコントロール:効果的な頭皮ケア・育毛がしたい
メンズスヴェンソン
スヴェンソンコーポレイトサイト

薄毛をもっとカッコよくする男のヘアケアサイト

ご新規様専用ダイヤル

  • フリーダイヤル