• TOP
  • MY HAIR BLOG
  • 冬はマッサージで身体をあたためよう。冷えを改善して抜け毛予防!

冬はマッサージで身体をあたためよう。冷えを改善して抜け毛予防!

pixta_1861752_M_720

秋もそろそろ終わりに近づき、冬を感じるようになりました。
これから寒さがより一層厳しくなりますが、本格的な冬を迎える前にマッサージで、冷えを改善しましょう。冷えの改善は、身体の血行を促進し、抜け毛予防にも繋がります。

冷え性になってしまう原因

冷え性とは、手先や足先、身体の一部などが慢性的に冷えを感じているような状態のことを言います。冬だけでなく夏場の冷房が効いた室内で汗が冷やされることでも生じます。

主な原因として、不規則な生活やストレス、食生活、運動不足などといった生活習慣の乱れによって引き起こされます。

また、冷たいものを頻繁に飲むと、内臓に負担がかかったり、血行が悪化するため、冷え性の原因になります。他にもお風呂をシャワーだけで済まし、湯船に浸からないことも冷え性の原因のひとつです。

特に夏場の冷房の効いた室内と暑い屋外の行き来を繰り返していると、自律神経が乱れ、体温調節のバランスを崩してしまいます。

自律神経は、血を巡らせる、内臓を動かすといった私たちが意識して動かせない部分の機能(不随意運動)を整えています。自律神経が乱れると、

これからの季節は、寒さによって身体の筋肉が硬くなってしまうので、定期的な運動によって身体をあたためて、血液の循環を良くすることが重要です。

血行不良は抜け毛のもと

特に冬は、寒さで指先や足先の血流が鈍くなりやすい季節です。

このように冷えを引き起こす血行不良は、髪の成長を妨げる原因でもあります。

髪の毛の成長には、毛根部分の毛乳頭が、血液から運ばれてきた酸素や栄養を吸収して、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、髪が成長していきます。成長には、血液が酸素や栄養を頭皮にまで届けることが大切ですが、血行が悪化していると、栄養を十分に送り届けられなくなります。

冷え性の改善は血行を良くする方法のひとつであり、その結果、抜け毛予防にも繋がります。

冷え性の種類と原因

冷え性にはいくつかの種類があり、自分の生活習慣や、冷えの症状を見なおしてみると、どのようなことが原因で冷え性になったのか、ある程度判断できます。自分の身体でどの部分に冷えを感じているのか改めて見直してみるとより良い改善方が見つかるかもしれません。

・末端四肢型冷え性

生活習慣が原因で引き起こされる冷え性です。運動不足や慢性的な疲労、ダイエットによる食事量の減量などによって、体内で熱をうまく作れず、全身へ運ぶことができないため、手先や足先が冷たくなっています。

・下半身型冷え性

年齢が原因で引き起こされる冷え性のため、中高年の方に見られます。年齢とともに血管が細くなり、血液の循環が滞ってしまうため、足先から冷えを感じます。

・内臓型冷え性

身体の内側が冷えているタイプは、年齢や性別に関係なく全体的に最も多くの人に見られます。エアコンの多用などで、自律神経の働きが鈍くなってしまい、上手く体温調節ができず、冷えを感じるようになります。

冷えを改善する方法

冷え性を改善し、身体をあたためる方法をご紹介します。冷え性の改善というと、よく半身浴が挙げられますが、他にも様々な方法があります。

足湯

足湯は手軽に行えますが、半身浴と同じような効果が得られます。心臓や内臓への負担も少なく、全身の血液の流れを良くしてくれます。また、足湯には疲労回復やリラックス効果もあります。

-やり方-

39〜42度くらいのお湯にくるぶしから少し上(ふくらはぎの下辺り)まで、20分くらい浸かりましょう。長時間浸かっていると、逆に疲労感を感じたり、体力を消耗してしまうので、長くても30分程度にしましょう。途中で温度が下がってきたらお湯を継ぎ足し、なるべく温度が一定に保つのがポイントです。

ツボ

冷え性に効果的な手のツボを中心にご紹介します。手のツボだと、仕事中や電車などでも周りを気にせず手軽に押すことができます。ツボを押すときは、やや強めに5秒くらいかけてしっかりゆっくりと押して、また5秒くらいかけてゆっくり離しましょう。10回繰り返し、左右1セット行ないます。

・合谷(ごうこく)

押すだけで様々な効果が得られる万能のツボです。人差し指の骨と親指の骨の合流地点より、少し人差し指側にあるツボです。

合谷

・陽池(ようち)

冷え性に効果のある血流の流れをよくするツボです。手の甲を反らせ、横シワの中心部分で、小指寄りの方にくぼみがあります。

陽池

・指間穴(しかんけつ)

自律神経を整えたり、内臓の疲れを取り除いてくれるツボです。指の間にツボがあり、人差し指と親指を挟み、押したり、外側へ引っ張ったりします。

また、親指と人差し指の間にも「虎口(ここう)」と呼ばれるツボがあり、虎口を刺激することで指間穴と同様の効果が得られます。指の間を強く押し込み、指先に向かって引っ張りながら離してみてください。

指間穴

5本指靴下

5本指の靴下は、普通の靴下よりも、足の表面温度を上げる効果があることがわかっています。靴下によって、指の間を刺激されるので、血流が促進され体温が上昇します。足が冷たい時には、5本指靴下を履き、その上から普通の靴下を履くことで、足を温めれます。

軽い手体操

グーパーの形を繰り返したり、反対側の指先を持って反らせたり、手首を回したりすることで、多少ですが手先の冷え性が緩和されます。また、指先が冷えているときは、人差し指と中指の間に反対側の指を挟み、挟んだら拳の形を作り、そのまま指先へと流すように動かします。縦と横の両方向すると効果的です。

食べもの

食べ物でも冷え性を改善することができます。食べ物には、身体をあたためる食べ物と冷やしやすい食べ物があります。冬はなるべく、身体をあたためる食べ物を選んで、内側から冷やさないようにしましょう。

食べ物の表

眠るとき

良い睡眠も冷え性の改善に繋がります。足を高くすることで、足にたまった血液を循環させることができます。また、寝るときに足が冷えてしまって眠れない方は、湯たんぽやペットボトルにお湯を入れて足下に置いておくと良いでしょう。

最後に

冷え性の対策は、いかがでしたでしょうか。冷え性かな?と思ったら、チェックシートで確認してみるのも良いですね。

まずは、簡単にできる冷え性対策を心がけ、血液を循環させることを意識しましょう。血流を良くして、抜け毛対策もバッチリですね。

CAMPAIGN

マイヘアソリューション

  • デザインカット&スタイリング:自分の髪を活かしてカッコよさを実感
  • スカルプケア&スカルプクレンジング:ヘッドスパ感覚で気軽に頭皮ケア・洗浄
  • ヘアライズ(R):もう少し髪のボリュームが欲しい
  • 気になるところに、増やしたいだけプラス!
  • TIスカルプコントロール:効果的な頭皮ケア・育毛がしたい
メンズスヴェンソン
スヴェンソンコーポレイトサイト

薄毛をもっとカッコよくする男のヘアケアサイト

ご新規様専用ダイヤル

  • フリーダイヤル