• TOP
  • MY HAIR BLOG
  • 髪がパサつき始める秋、うるおいを保って薄毛を予防!

髪がパサつき始める秋、うるおいを保って薄毛を予防!

髪がパサつき始める秋、うるおいを保って薄毛を予防!

涼しい日が続き、だんだん秋の季節を感じるようになりました。

秋から冬にかけて、空気が乾燥してくる季節。髪のパサつきも目立ってくる時期ですね。

髪の潤いが足りないと、パサつきが目立ち、髪の痛む原因にもなってしまいます。髪のパサつきの解消は、同時に薄毛にも繋がります。

今回は、髪のパサつきと薄毛の予防についてご紹介します。

パサつく髪の原因と薄毛の関係

このパサつきの主な原因は、髪の潤いが足りなくなることです。健康的な髪の場合、大体11%〜13%程度の水分量があると言われています。しかし、パサついている髪の水分量は、大体10%以下で、潤いが足りていません。

髪のパサつきは、キューティクルが傷むことによって引き起こされます。健康的な髪は、1本1本がキューティクルで覆われています。このキューティクルが何らかの原因で痛むと、開いたり、剥がれてしまい、髪の水分やタンパク質、脂質などの成分が失われ、髪のパサつきが進行していきます。キューティクルは、再生が難しく、ダメージが蓄積されていくので、普段のヘアケアがとても大切です。

パサついている髪は刺激に弱く、痛みやすい状態です。この状態になると、静電気が発生して髪が抜けやすくなります。さらに、抜けた衝撃で今度は頭皮が痛んでしまうことも。頭皮が痛むと炎症が起き、髪の成長を阻害してしまい、髪が生えにくい状態を作ってしまうのです。

髪をパサつかせる原因には、他にも毎日のヘアケアやパーマ・カラーリング、紫外線や季節の気温などもによって蓄積したダメージや、栄養不足や血行不良といった健康の悪化などが挙げられます。

秋から始める髪のパサつき予防!

では、髪のパサつきはどのように対策・予防すればよいのでしょうか?

髪のパサつきには、パーマやカラーリング、日頃のヘアケア、紫外線といった外的要因と、栄養不足や血行不良などによる内的要因に分けられます。

外的要因の場合

パーマやカラーリング、日頃のヘアケア、紫外線といった外的要因の場合は、普段の生活の中で、ダメージが蓄積された結果、パサついた髪になってしまいます。これは、日常生活でちょっとしたことに気をつければ、ダメージを軽減できます。

以下のことに気をつけてみてください。

  • パーマやカラーリングを控える
  • 熱を与えすぎないようにドライヤーで髪を乾かす
  • シャンプーを刺激の少ない無添加のものに変える
  • 指のはらで洗うように頭皮の洗い方に気をつける
  • 紫外線から守るため外では帽子を被る

日常で最も髪のダメージを受けやすい場面は、ドライヤーを使う時なので、乾かす前にタオルで水分をよく拭き取って、温風を当てる時間が極力短くなるように工夫しましょう。

内的要因の場合

次に、栄養不足や血行不良などによる内的要因の場合です。食生活を初め、睡眠や運動などの質を上げることで、髪の品質を保つことに繋がります。

1 食べ物

食生活では、栄養をバランス良く摂取するのが大切です。

特に、毎日の食事の中で髪と関係が深い栄養素として、「ケイ素」、「鉄分」が挙げられます。

「ケイ素」は、主に穀物類やじゃがいもなどに多く含まれています。

また、血液の循環を良くする鉄分を摂取することも大切です。鉄分を多く含んでいる食材には、れんこんなどがあげられます。

じゃがいもとれんこんは、煮物などにしてみるのもいいですね。他にも多くの食材が入るので、バランスの良く栄養を摂取するのにおすすめです。

食欲の秋、ということで、いまが旬の食べ物もたくさんあります。下記のブログでも紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

2 睡眠

睡眠も髪の成長に関係があります。

午後10時から午前2時の4時間の間は、成長ホルモンが分泌され、髪が最も成長する時間帯と言われています。そのため、睡眠時間がバラバラになったり、寝る時間が遅かったりすると、ホルモンバランスが崩れて、成長ホルモンの分泌が不十分になります。

また、寝不足は血液の流れを悪くし、血行不良を引き起こします。お仕事等の関係で難しい場合もあるかもしれませんが、できるだけ午後10時から午前2時の間に睡眠をとることで、髪の成長を促進が助けられます。

3 運動

定期的な運動は、血行を促進し、循環を良くします。特にウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は、体内に酸素を取り込みながら行なうので、髪が成長する毛乳頭まで、酸素が届き、毛母細胞が活性化し、髪の成長へ繋がります。

また有酸素運動は、20分以上続けると、より高い効果が得ると言われています。

運動は毎日行うのが理想的ですが、あまり張り切りすぎずに、週に2〜3日、空いた時間の中で行うのが長続きの秘訣です。継続すれば、髪だけでなく、健康状態も改善されてきますので、ぜひやってみてくださいね。

最後に

パサつく髪の原因と薄毛の関係は、いかがでしたでしょうか。髪の健康を保つためには、日頃の健康に気を使うことも大切です。

これから、冬の季節に入り、パサつきも増していくので、髪の潤いを保ち、薄毛対策もしていきたいですね。

CAMPAIGN

マイヘアソリューション

  • デザインカット&スタイリング:自分の髪を活かしてカッコよさを実感
  • スカルプケア&スカルプクレンジング:ヘッドスパ感覚で気軽に頭皮ケア・洗浄
  • ヘアライズ(R):もう少し髪のボリュームが欲しい
  • 気になるところに、増やしたいだけプラス!
  • TIスカルプコントロール:効果的な頭皮ケア・育毛がしたい
メンズスヴェンソン
スヴェンソンコーポレイトサイト

薄毛をもっとカッコよくする男のヘアケアサイト

ご新規様専用ダイヤル

  • フリーダイヤル