• TOP
  • MY HAIR BLOG
  • 薄毛は「ヘアサイクル」の乱れで起こる。乱れたヘアサイクルを改善しよう!

薄毛は「ヘアサイクル」の乱れで起こる。乱れたヘアサイクルを改善しよう!

hair-cycle

髪はヘアサイクルという一定の周期に沿って生え、成長し、抜け落ちます。薄毛になる方には、このヘアサイクルに乱れが発生しているケースが多く見られます。

今回はヘアサイクルを学び、そのサイクルが発生しまったあと、健全なヘアサイクルへと改善する方法を学びましょう。

ヘアサイクルの基本

ヘアサイクルの説明へ入る前に、髪に関する基礎知識を整理してみましょう。「髪が成長する」と言えばヒトコトですが、その原因は毛母細胞が分裂することにあります。毛母細胞が分裂する栄養を提供するのが毛乳頭と呼ばれる部分で、毛細血管から栄養を供給されています。

毛乳頭、毛母細胞、さらに髪が伸びる道である毛包を合わせて毛根と呼びます。ヘアサイクルは主に、この毛根の働きによって起こるのです。


  1. 早期成長期

新しい髪が伸びてくる段階です。髪が抜けても、その下には新しい髪が芽吹いており、毛包から頭皮に向かって成長しています。

男性の髪は個人差こそありますが、一般的に2〜6年かけて成長します。また、早期成長期から後期成長期までの髪を合わせると、全体の約90%になると言われています。

hair-cycle-1


  1. 中期成長期

芽吹いた髪が成長します。

hair-cycle-2


  1. 後期成長期

後期成長期は、長さだけでなく、髪の太さも成長していきます。また、毛根も太くなるので、髪が最も力強い時期と言えます。

hair-cycle-3


  1. 退行期

髪を伸ばす元である毛母細胞が痩せ始め、分裂が少なくなっていきます。寿命が近くなり、元気が衰えた状態と考えれば分かりやすいかと思います。

hair-cycle-4


  1. 休止期

この段階に達すると、髪の成長は完全に停止します。休止期の髪は抜けやすい状態で、ちょっとした刺激で抜け落ちます。一般的な人の髪の約10%は休止期だと言われています。

hair-cycle-5


  1. 脱毛

成長を終えた髪が抜け落ちる段階です。人の髪は1日に100本は抜けると言われているので、少し抜けたくらいで心配する必要はありません。

hair-cycle-6


hair-cycle-7

ヘアサイクルの乱れとは?

一般的に髪は2〜6年かけて成長し、2週間の後退期を経て、4ヶ月の休止期に入ります。薄毛になる人の多くは、このヘアサイクルが乱れてしまい、髪が健全に成長できなくっているのです。

たとえば薄毛の代名詞とも言える若年性脱毛症(AGA)の場合は、初期成長期で髪の成長が止まってしまい、普通よりも早いサイクルで脱毛してしまいます。休止期の期間は変わらないので、ヘアサイクルが乱れていない人と比べて薄く見えてしまう、というわけです。ちなみにAGAの特徴は短く、細い髪が抜けてしまうことにあるので、そのような抜け毛が増えてきた方は要注意です。

ヘアサイクルを改善するには?

仮にヘアサイクルが乱れてしまっても、元に戻らないわけではありません。ヘアサイクルが乱れるそもそも原因の多くは、生活習慣にあります。

たとえば、不摂生を続ければ体調を崩してしまいますが、同じようにヘアサイクルの乱れを引き起こします。人体に悪影響があることは、髪にも悪影響を及ぼします。

大切なのはヘアサイクルによって成長する髪も、それを支える土台となる頭皮も、人体の一部ということなのです。髪を含んで、人体はとてもデリケートなもの。少しずつでも体を労って、ケアする必要があります。

特に乱れたヘアサイクルを改善する上で役立つ方法を3つご紹介します。


  1. 肩凝りの解消

髪の成長で重要なものは、健康な頭皮環境です。良い頭皮環境を作るには栄養が欠かせません。日頃の食事などで十分に栄養を摂取することはもちろんですが、その栄養が頭皮までいくように血行を良くしておきましょう。

そのときに障害となるのが肩凝り。肩凝りの多くは肩から首の血管が収縮し、血行が悪くなるために起こります。ここは心臓から頭に血を巡らせる重要なパイプなので、肩凝りは薄毛の敵と言えます。

自分でできる肩のマッサージやストレッチは、手軽にできて効果的な肩凝り解消法のひとつです。

肩凝り解消法として、最近では、自分でできる「カッサ」が流行っています。「カッサ」とは中国で古くから伝わる民間療法で、エネルギーが通っている経絡の流れがスムーズになるマッサージです。ちょっと分かりにくいですが、経絡とは血管や神経が多く通っている場所と思えばイメージがしやすいかと思います。そこを「カッサプレート」と呼ばれる専用のプレートを使って経絡をなぞると流れがよくなり、肩凝りや脚のむくみといった症状を解消できます。

「カッサプレート」は安いものなら500円ほどで買うことができるので、ぜひ試してみてください。


  1. シャンプー

シャンプーバー(固形シャンプー)をご存知でしょうか。一般的に使われているシャンプーはボトルに入っていて、ポンプで必要分を出して使います。それに対してシャンプーバーは、普通の石鹸と同じ形をしており、必要なときに泡立てて使うものです。

成分は石鹸とほとんど同じで、皮膚に優しいという特徴を持っています。シャンプーよりも刺激が少ない一方で、皮脂などの汚れはしっかりと落とすことができます。

シャンプーバーで髪を洗う際には直接擦り付けないように、手のひらで泡立ててから使います。泡と指の腹で頭皮を揉むようにして、毛穴の奥の汚れを落とし、洗い流しましょう。


  1. 育毛剤

育毛剤には、主に毛細血管の拡張と毛根に栄養を与える2つの効果があります。ヘアサイクルが狂う大きな原因のひとつは、頭皮環境が乱れて髪の毛に十分な栄養が行き渡りにくくなっていることが挙げられ、育毛剤は狂いを改善するのに役立ちます。

最近では、毛母細胞を活性化させる効果を持った育毛剤も出てきています。毛母細胞を活性化させることによって成長期の期間が伸びるので、ヘアサイクルの乱れを整えることができます。

また、育毛剤は、マッサージ器と一緒に使用すると効果的です。特に音波振動式のマッサージ器は1分間に何千回と振動し、育毛剤の浸透を良くしてくれます。シャンプーのときも汚れ落としに貢献するので、一台持っておくと便利ですよ。

最後に

みなさんのヘアサイクルは、いかがでしょうか。日常生活でヘアサイクルを意識するのは難しいですが、「最近抜け毛が増えてきたなあ」と思ったら、ヘアサイクルが乱れてきたのかもしれません。

頭皮の状態をチェックし、望ましくない状態なら、ヘアサイクルが乱れる前兆かもしれないので、合わせてこちらのブログもチェックしてみてください!

CAMPAIGN

マイヘアソリューション

  • デザインカット&スタイリング:自分の髪を活かしてカッコよさを実感
  • スカルプケア&スカルプクレンジング:ヘッドスパ感覚で気軽に頭皮ケア・洗浄
  • ヘアライズ(R):もう少し髪のボリュームが欲しい
  • 気になるところに、増やしたいだけプラス!
  • TIスカルプコントロール:効果的な頭皮ケア・育毛がしたい
メンズスヴェンソン
スヴェンソンコーポレイトサイト

薄毛をもっとカッコよくする男のヘアケアサイト

ご新規様専用ダイヤル

  • フリーダイヤル