薄毛でもパーマをカッコよく決める心得

how-to-parma

パーマは数ある男性のヘアスタイルの中でも人気があります。

しかし、パーマをかけることに不安を覚える方もいるのではないでしょうか。

「パーマをかけて髪に影響はないの?」「パーマでどう見えるのか不安…」

こうした不安も、ちょっとした“心得”を知っていれば、解決することができます。

薄毛の方がパーマをかけるときの心得を、スヴェンソンのスタイリストに聞いてみました!

薄毛でも楽しめるパーマの心得

――薄毛の方がパーマをかけるときに気をつけるべきことを教えてください。

「男性の薄毛は基本的に、前髪から頭頂部にかけて進行していきます。そのため、薄毛の方は前髪から頭頂部にかけての毛質が細く、普通の人よりもダメージを受けやすい傾向にあります。パーマをかけるときは、少なからず髪がダメージを受けてしまうので、そのダメージを減らす工夫が必要です。

たとえば、ロットも髪質に合わせたものを選び、パーマ液は低刺激のものを使用するなどの方法があります」

――なぜパーマをかけるときにダメージを受けるのでしょうか?

「まず、パーマの仕組みを簡単に説明します。パーマをかけるときは液を2つ使いますが、1つ目で髪を保護するキューティクルを剥離し、シスチンという髪の成分を分解します。このときにロットで髪を巻いてパーマの形を作るんですね。

そして、2つ目の液で分解したシスチンを合成して、パーマの形でヘアスタイルを固定します。

言ってしまえば一度切った糸を、結んでつなぎ直すイメージです。結合部分に結び目ができるように、髪もダメージを受けてしまいます」

――スヴェンソンのパーマはダメージを減らす工夫をしていますか?

「私達はダメージを減らすために複数のパーマ液を選定し、お客様の髪に合ったものを選んでおります。また、選定を行ったパーマ液に特殊な薬剤を配合し、頭皮や髪の負担を更に軽減させています。もちろん、ロットも選定を行い、最適なものを使用します。

ロットとパーマ液に気をつければ、全体のバランスやシルエットが自然と決まります。パーマをかけたいけどダメージが心配という方は、ぜひ一度お越しください」

――ありがとうございました。

パーマのヘアスタイルを作るコツ

薄毛の方がパーマをかけるときの注意点が分かりました。それでは、実際にパーマをかけるとどうなるのでしょうか?

ヘアアーカイブより事例をご紹介します。

Baba_4

こちらの方はストレスによりつむじの部分の抜け毛が激しくなりました。確かによく見るとつむじが薄っすらと覗いています。

パーマをかけた後の写真を同じ角度から見てみましょう。

Baba_3

後ろの方にもパーマをかけることで、薄くなったつむじも気になりませんね。

それでは、今度は正面と横から。

parma-1

今流行りの七三ツーブロックで、左の横髪を耳にかけています。右の横髪はあまり遊ばせずに寝かせているので、全体的にすっきりとまとまった印象があり、長い髪でも清潔感があります。

パーマは薄くなった頭頂部を自然に覆うことができるので、頭頂部から薄毛が始まった方にオススメです。あまり髪を遊ばせすぎると清潔感が無くなってしまうので、すっきりとまとめることで、カッコよく決められます。

それでも「パーマをかけて本当に大丈夫かな…」と心配に思う方もいらっしゃるかもしれません。スヴェンソンではヘアアイロンを使って擬似的なパーマをかけ、どのようになるのかイメージを作っておりますので、少しでも興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?

最後に

いかがでしたか?

パーマをかけるときは、髪にかかる負担を減らすことで、ダメージによる薄毛の進行を最小限にとどめられます。スヴェンソンでも薄毛の方に向けたパーマのスタイリングを行っておりますので、気軽にご相談ください。

CAMPAIGN

マイヘアソリューション

  • デザインカット&スタイリング:自分の髪を活かしてカッコよさを実感
  • スカルプケア&スカルプクレンジング:ヘッドスパ感覚で気軽に頭皮ケア・洗浄
  • ヘアライズ(R):もう少し髪のボリュームが欲しい
  • 気になるところに、増やしたいだけプラス!
  • TIスカルプコントロール:効果的な頭皮ケア・育毛がしたい
SVENSON 増毛ネット

薄毛をもっとカッコよくする男のヘアケアサイト

ご予約・お問い合わせはこちら

  • フリーダイヤル